令和健康科学大学

リハビリテーション学部
作業療法学科

REHABILITATION / OCCUPATIONAL THERAPY

follow us

養成する人材像

職業倫理と幅広い教養を有し、対象者を全人的に捉え、科学的根拠に基づいた知識や専門的な作業療法技術の活用をとおして、健康社会の実現に寄与する作業療法士。

  • 倫理観

    作業療法学科の養成する人材像は、生命の尊厳を基盤とした、作業療法士としてふさわしい職業倫理を有する。これは、多様な価値観を受容し、対象者の個別の健康課題を全人的に捉えるための能力である。
    日本作業療法士協会の「倫理綱領」に基づき、臨床実習をとおして主体的に自己を研鑽することで、作業療法士としてふさわしい人格が形成されると考える。

  • 探究心

    作業療法学科の養成する人材像は、真理を究める態度を基盤とした探究心を有する。これは、多様な対象者の健康課題に対して、高度な作業療法を実践・研究するための能力である。
    主体的な教育と研究を生涯にわたって継続することで、健康に対する作業療法の拡大・発展に貢献でき、作業療法士としての自己実現を成し遂げることができると考える。

  • 実践力

    作業療法学科の養成する人材像は、作業療法士としての実践力を有する。この実践力は、第一に身体または精神に障害のある対象者に応用的動作能力または社会的適応能力の回復を図るための科学的根拠に基づく作業療法であること、第二に、目的や価値のある作業をとおして、人々を健康にできる作業療法であることの2つが含まれた能力である。倫理観を軸とした探究心に基づく実践力は、健康を科学する作業療法士として、多くの専門職と連携・協働することで広く社会に貢献できると考える。