令和健康科学大学

POLICY

3つのポリシー

follow us

Philosophy
教育理念

人間愛自己実現

Target
大学の目的

看護学、理学療法学及び作業療法学における教育研究をとおして、健康長寿社会の実現を目指し、高度な地域、科学的根拠に基づく技術、高い倫理観を総合的に身につけた実践力のある医療人材を育成することにより、高度化かつ多様化する医療に貢献します。

看護学、理学療法学及び作業療法学における教育研究をとおして、健康長寿社会の実現を目指し、高度な地域、科学的根拠に基づく技術、高い倫理観を総合的に身につけた実践力のある医療人材を育成することにより、高度化かつ多様化する医療に貢献します。

Image 養成する人材像

職業倫理と幅広い教養、専門的な知識・技術・技能及び課題解決能力を備え、全人的な医療と専門職との協働をとおして健康社会の実現に寄与する医療専門職。

  • 倫理観
    医療専門職の倫理観は、生命の尊厳を基盤とする。これは医療専門職としてふさわしい職業倫理であり、理論や知識だけでなく、自己洞察と内省により獲得される。
    職業倫理は、各種職能団体が出す倫理指針(日本看護協会看護者の倫理綱領、日本理学療法士協会倫理規程、日本作業療法士協会倫理綱領)に基づき、臨地実習・臨床実習などをとおして主体的に自己を研鑽することで、専門職としてふさわしい人格が形成されると考える。
  • 探究心
    医療専門職の探究心は、真理を究める態度を基盤とする。これは教育と研究をとおして獲得される。倫理観に基づいた探究心は、医療の専門性を発展させるとともに、医療職としてふさわしい主体性を養う基盤となり、それを生涯にわたって継続することで、自己実現を成し遂げることができると考える。
  • 実践力
    医療専門職の実践力は、医療職としての倫理観と探究心を基盤として、科学的根拠に基づく臨床判断能力及び専門技術を活用する能力である。すなわち、「実践力」は「倫理観」、「探究心」を内包したものである。自己研鑽により得られた実践力は、健康を科学する医療専門職として広く社会に貢献できると考える。

Diploma policy ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1. 医療職として、幅広い教養と人間愛(倫理観)及び生涯にわたり自己研鑽する態度を身につけている。
2. 医療職として、自ら課題や疑問を発見し、これを科学的に解決する能力を身につけている。
3. 医療職として、高度な知識と技術及び多くの専門職と連携・協働するための能力を有し、実践力を身につけている。

Curriculum policy カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

1. 「人間愛・自己実現」という基本的倫理と幅広い教養を学修するための授業科目を基幹分野として開設する。
2. 科学的根拠に基づく医療を実践するための基盤として、基礎的及び専門的な知識を学修する授業科目を各学部で専門基礎分野として開設する。
3. 高度化かつ多様化する医療に対応するために、専門職連携教育を1~4年次にわたって臨地実習・臨床実習と連関させて学修する授業科目を開設する。
4. 各専門職の実践力を養うために必要な、かつ各学科の特色となる授業科目を専門分野に開設する。
5. 理論と実践を統合させた専門職性を培うために、1~4年次にわたって多様性のある臨地実習・臨床実習を行い、実践力を養うための授業科目を学修進度に合わせて段階的に開設する。
6. 探究心を養うために、クリティカルシンキング(考える力)により、知識や技術の深化・統合、疑問に対して科学的に検証するための授業科目を開設する。

Admission policy アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

1. 医療に興味・関心をもち、深く学びたいという意欲のある者。
2. 人を尊重し、協調しようとする気持ちを有している者。
3. 人と関わることが好きで、人の話をよく聴くことができる者。
4. 本学で学ぶために必要な基礎学力(思考力・判断力・表現力など)と学修態度を身につけている者。
5. 医療専門職の資格を取得し、広く社会で貢献したいとの意欲をもつ者。