令和健康科学大学

3つのポリシー

  • ディプロマ・ポリシー
    (学位授与方針)
    1. 健康を科学するために、健康課題をもつ対象者に対し全人的に捉える能力を身につけることができる。
    2. 生命の尊厳を基盤とした倫理観に基づき、看護職として行動できる。
    3. 多様な対象者の抱える個別の健康課題に対して、科学的根拠に基づく看護が実践できる。
    4. 多様化かつ高度化する医療において、発達段階に応じた人々の生活の質(QOL)を支える看護が実践できる。
    5. 多くの専門職と連携・協働するための協調性を有し、組織・チームの中で看護部門のリーダーとして活躍できる。
    6. 生涯にわたって看護の本質を主体的に探究し、人格の涵養に努め、自己実現を成し遂げることができる。
  • カリキュラム・ポリシー
    (教育課程の編成・実施方針)
    1. 「人間愛・自己実現」という基本的倫理と幅広い教養を学修するための授業科目を基幹分野として開設する。
    2. 科学的根拠に基づく看護実践の基盤として、基礎的及び専門的な知識を学修する授業科目を専門基礎分野に開設する。
    3. 高度化かつ多様化する医療に対応するために、専門職連携教育を1~4年次にわたって臨地実習と連関させて学修できる授業科目を開設する。
    4. 看護実践力を養うために、臨床実践中心型カリキュラムの中で、臨床推論を強化できるシミュレーション教育を取り入れた授業科目を専門分野に開設する。
    5. 看護の理論と実践の統合として、1~4年次にわたって臨地実習を多様な場で行い、実践力を養うための授業科目を学修進度に合わせて段階的に開設する。
    6. 探究心を養うために、クリティカルシンキング(考える力)により、知識や技術の深化・統合、疑問に対して科学的に検証するための授業科目を開設する。
  • アドミッション・ポリシー
    (入学者の受け入れ方針)
    1. 看護に興味・関心をもち、深く学びたいという意欲のある者。
    2. 人を尊重し、協調・共感しようとする気持ちを有している者。
    3. 人を尊重し、環境との相互作用に関する調整力を有する者。
    4. 本学で学ぶために必要な基礎学力(思考力・判断力・表現力など)と学修態度を身につけている者。
    5. 看護師の資格を取得し、広く社会で貢献したいとの意欲をもつ者。