人々の健康を支え未来のつくり手となる

令和健康科学大学

リハビリテーション学部
作業療法学科

REHABILITATION / OCCUPATIONAL THERAPY

follow us

チーム医療が重要な
地域包括ケアの一員として

あらゆる作業を通して、心身機能の回復を図り、対象となる人々の望む生活をバックアップするために必要な医学と作業の知識や技術を修得し地域に貢献できる作業療法士を育成することを目標としています。
24時間365日の救急救命に対応する「福岡和白病院」をはじめ、多くの関連グループ病院を中心とした協力施設のもとで、地域の保健・医療・福祉に寄与するため、地域包括ケアシステムの推進、人生100年時代を見据えた健康長寿社会の一翼を担うことができる作業療法士を育成します。

持続可能な地域医療の実現に向けて

Overview
学科概要

定員

60名

特徴的な学び
POINT !
多様化する地域社会の中で働く作業療法士のためのカリキュラム

多様化する日本社会において、日本人の健康観のパラダイムシフトは必至! 病気を治療する、予防するという視点だけでなく、健康づくり、健康管理、健康増進といった視点を学びます。そして、地域性を考慮した新たな産業の創出、障害者の就労支援、被災地支援、国際支援に関するカリキュラムで具体的に理解を深めます。

全学科共通
カンボジアにあるアンコール小児病院への研修旅行を予定

内戦後の復興過程にあるカンボジアの医療・看護・リハビリテーションを知り、その環境を体験することは、学生一人ひとりにとって大変貴重な経験になります。

取得資格

作業療法士国家試験受験資格

特徴的な実習
POINT !
1年次より計画的な実習
1年次より計画的な実習

隣接する「福岡和白病院」など関連グループ病院のバックアップのもと、24時間365日提供する急性期医療の実習施設で、作業療法の臨床実習を段階的に1年次より実施します。

POINT !
地域で活きる技術を習得
様々な看護領域を学ぶ

地域作業療法については、グループ病院他提携する実習施設においてきめ細やかな教育を実践します。
実習施設=福岡和白病院・香椎丘リハビリテーション病院 他