REIWA HEALTH SCIENCES UNIVERSITY

scroll

作業療法は「その人が望んでいる作業(仕事、遊び、セルフケア)」ができるように支援するものであり、治療から、予防、福祉、 教育、ビジネス等の分野へと発展する知識・技術です。

先端の学び多くの分野の学問と融合する作業療法

健康の在り方・生活スタイルの
多様性に寄り添い、探究する

作業療法の対象を従来の「身体や精神に障がいを持つ人、高齢者」から「一般の人や地域社会」すなわち、予防・健康に拡大します。さらにアート・スポーツ・ビジネス・教育・心理やITなど、様々な学問分野との融合を図ることで、作業療法を求めるすべての人が自分らしく生きるため、身体だけでなくその人の作業に注目しながら支援を行うものです。

健康の在り方・生活スタイルの
多様性に寄り添い、探究する

作業療法の対象を従来の「身体や精神に障がいを持つ人、高齢者」から「一般の人や地域社会」すなわち、予防・健康に拡大します。さらにアート・スポーツ・ビジネス・教育・心理やITなど、様々な学問分野との融合を図ることで、作業療法を求めるすべての人が自分らしく生きるため、身体だけでなくその人の作業に注目しながら支援を行うものです。

  • 情報科学 情報工学
  • 福祉工学
  • 医学
  • 心理学
  • 教育
  • 経済学
  • 社会学
  • 文化

作業療法の対象を
「一般の人」「地域社会」「予防」へ

「その人が望んでいる作業(仕事、遊び、セルフケア)」ができるように支援する作業療法は、治療から予防、福祉、教育、ビジネス等の分野へと発展するとともに、地域の疾病予防や健康づくりに進出するための知恵と技術が求められます。
先端技術を積極的に導入し、さまざまな学問分野との融合を図ることで、作業療法を求めるすべての人に対して「自分らしく生きるための支援」を行う知識と技術を磨いていきます。

社会に貢献できる思考と行動力を磨く、学びの特徴

真の多様性を学び、支援するフィールド・プラクティカル教育

従来の医療機関での臨床実習の他に、医工連携(AI、ロボット)や社会問題(ひきこもり)への取り組みなど、現場中心(現場感覚)の教育により現場から学び、現場から問いを見つけます。
また、早い段階から臨床実習、研究法に取り組むことで、科学的思考過程を学び、身につけます。

社会問題を解決できる科学的思考を学ぶ

芸術や音楽などの文化活動やスポーツは、認知症の予防や改善に活用することができる。また昨今、人々の働き方や日々の習慣が見直され、作業療法のアプローチが社会問題の解決や地域社会の振興に寄与するケースも見られてきました。
社会の多様化、生き方の多様化、医療の多様化など、様々な「多様化」にともない、作業療法士の活躍の場は多岐にわたり、病院や介護施設はもとより、行政や一般企業へと広がりを見せつつあります。
本学では、課題発見力、課題解決力を有し、今後の作業療法の発展に寄与できる経験豊富な教員陣から、工学系・社会学系・経営学系・文化系・教育系の授業を受けることができます。

グループ病院との連携した実習に早期から取り組む

作業療法学科の実習の多くはカマチグループの病院で1年次から行います。早期から臨床の場で学ぶことで、倫理観や判断力、思考力などを養い、作業療法士の基礎となる知識・技術・態度を身に付けます。

地域・文化に触れ、患者の生活を理解する

1年次から、地域に触れる

地域の文化について理解したうえで実習、専門職連携授業を配置。卒業後に医療現場に出た際、自分以外の医療専門職者とチームになって社会へ貢献できる思考や行動力を身に付けます。

生活を知り、人を支援できる人材に

地域や習慣により異なる患者の生活スタイルを知り、退院後にその人らしい生活を可能にするサポートをすることが、作業療法士の仕事。患者の生活の拠点となる地域社会を理解することで、退院後の生活を具体的に理解し、サポートすることが可能です。

社会・生き方・医療など、様々な「多様化」に伴い、作業療法士の活躍の場は多岐にわたり広がっていく

取得可能な資格
作業療法士国家試験受験資格

社会の変化に伴い、様々な分野へと発展する作業療法

疾患等により、心と身体の一部機能が正常に働かなくなった場合にリハビリを行なってきた作業療法士は、人々の人生そのものに関わることになり、求められる仕事はリハビリ以外の分野にも拡大しています。

  • 一般企業での商品開発(工学系)

  • 教育支援(医学・教育)

  • 障がい者雇用(医学・社会学)

  • 災害時の心のケア・生活環境の改善(医学・社会学)

  • 企業の職場環境の改善(医学・経営学)

  • 高齢者人材の活用(社会学)

  • 引きこもり支援(社会学)

  • 地域産業の創出、街づくり(社会学)

  • 一般企業での商品開発(工学系)

    人間工学に基づく筆記用具や椅子などの事務用品や誰にでも安全な玩具の開発。また、健康関連のアプリ等の開発。ロボットや人工知能(AI)、情報通信技術を活用した福祉用具の開発。

  • 教育支援(医学・教育)

    普通学級や特別支援学級で各児童・生徒の発達に合わせた学級運営・授業改善・カリキュラム改善などで作業療法の知識や経験を活かすことが期待されます。また、様々な児童・生徒にとって学びやすい学習環境の整備にも寄与できます。

  • 障がい者雇用(医学・社会学)

    障がい者雇用をしている企業に対して、障がい者、企業双方に雇用定着を支援します。障がいを持ちながら、働きやすい環境づくりや業務の提案などを行います。

  • 災害時の心のケア・生活環境の改善(医学・社会学)

    災害時、被災者の心身のストレスを和らげるため、避難生活の環境改善に作業療法士の知識や経験を活かすことが期待されます。

  • 企業の職場環境の改善(医学・経営学)

    労働環境が原因で起こることもある腰痛等の疾患は、棚や椅子の高さで予防できるものもあります。職場環境のプロデュースを通した健康管理も想定されます。

  • 高齢者人材の活用(社会学)

    定年退職後もその人らしい生活を送るため、一人ひとりの能力に見合った働きやすい労働環境を構築することが作業療法士の知識や経験に期待されています。

  • 引きこもり支援(社会学)

    精神的、身体的な問題や環境的要因から自宅に引きこもる人に対して、行政や家族と連携し、社会へ一歩出て、復帰するための支援を行います。

  • 地域産業の創出、街づくり(社会学)

    地域が持つ特有の力や慣習を活かし、行政や企業との連携を持ち、地域産業の創出を支援し、魅力ある街づくりのお手伝いをします。

専門職連携教育で、チーム医療の中で活躍できる人材へ

3学科共通の教育特徴はこちら