REIWA HEALTH SCIENCES UNIVERSITY

scroll

テクノロジーの進化に伴い、高度な機能を持つ先端的な機器を理学療法に活用し、治療効果を高めることができる理学療法士が求められる時代です。科学技術を活かした未来の理学療法を創造できる人材、そして、未来の健康観や価値観の変化に対応できる人材を育成します。

医工連携の実現により、先端科学を理学療法に活用する

科学技術を活かした理学療法の未来とは

理学療法学科では、医学と工学が融合した高度先端医療の知識と技術を学び、テクノロジーを駆使した新たな理学療法の創造を目指します。

高齢者がVR(仮想現実)を見ながら運動を行う―
麻痺して動かない手足をロボットや電気刺激で動かせるようになる―
歩けなかった人が最先端の機器を使って歩けるようになる―
手足を失った人が最先端の義肢を使ってスポーツを楽しめる―

医工連携を基盤とした新たな理学療法を創造し、
未来の健康を守り、未来のリハビリテーションを変える。
それが理学療法学科のコンセプトです。

なぜ今、医工連携を掲げるのか?
「社会」×「テクノロジー」×「医療」の未来

社会構造の変化による社会課題と
テクノロジーの進化

その時、未来の医療に求められること

今後の超高齢化社会では、「労働力問題」「医療問題」「社会保障問題」といった新たな社会的課題が生じると考えられています。一方で、科学技術は加速的に進化し、AIが人間並みの知能を備えるようになるとも考えられています。そうした未来の社会はSociety 5.0と呼ばれ、医療においては「病気の早期発見」「個人に最適な治療」「ロボットによる生活・介護支援」などのニーズが拡大すると考えられています。また、そのために、リアルタイムに計測されたあらゆる生体データをAIで解析し、医療に活用していくことが求められています。

人機融合、共生社会を実現する医療人を目指して

どれだけ科学技術が進歩しても、患者に寄り添い、心身を支える医療人であることが大切です。

健康とは―
幸せとは―
生きるとは―

社会構造の変化や科学技術の進化により、様々な価値観も変化することが考えられます。
理学療法学科では、テクノロジーを駆使した新たな理学療法を創出できるとともに、新時代の多様な価値観を受容し、共生社会を実現する医療人を育成します。

独自のユニット制教育で、高度専門分化する理学療法に対応

  • 神経
    理学療法
    ユニット

  • 基礎
    理学療法
    ユニット

  • 運動器
    理学療法
    ユニット

  • 呼吸循環器
    理学療法
    ユニット

  • 地域
    理学療法
    ユニット

各ユニットの高度な知識と技術を身に付け、高度専門分化する医療に対応できる人材へ。

同じ専門性を持つ教員がユニットを構成し、学習科学に基づき綿密に設計された授業を展開。4年間にわたって各ユニットの専門性を「横断×縦断」学習することにより、高度な知識と技術を身に付けます。

1つの授業を1人の教員が教えるのではなく、専門性の高い2~4人の教員が同時に教えることにより、ディスカッションやプロジェクトを織り交ぜた授業を可能とし、次世代に適応するための問題発見能力・思考力・分析力・判断力・創造力を育成します。

4年間を通して研究スキルを身に付け、キャリアの扉を開く

ユニット制教育は学生の研究力向上にも効果的。1年次に各ユニットの概要を知り、2年次にユニット特有の研究機器を体験し(ユニットローテーション)、3年次と4年次には自分が興味を持ったユニットを選択して卒業研究を行います。

高度専門分化する医療に貢献し得る研究スキルを修得

産学官連携の新たな展開へ向けて

先端技術と大規模データを活用し、科学的根拠に基づいた理学療法の創出を目指します。
他大学・研究機関・企業・行政との連携を強化し、国内外の最新技術・幅広い知見を取り入れた研究環境を整備するとともに、27のグループ病院が臨床研究をバックアップし、医療現場のニーズに沿った研究を実践します。

研究対象は健康増進や予防医療へ発展

科学技術の進化に伴い、様々な機器の小型化が実現し、運動時の力学的データや生体データを容易に計測できるようになりつつあります。
理学療法学科では、そうした計測科学を活用し、高齢者の介護予防、就労者の職業病予防、スポーツ選手の障害予防、児童・生徒の正常発達や健康増進など、研究対象を人々の健康や予防医療へと拡大し、いつでも・どこでも・誰でも自分らしく生きることができる社会づくりを目指します。

患者像の多様化が予想される、人生100年時代。理学療法士の活躍の場は、様々な分野へ広がっていく。

理学療法士の活躍の場は、従来の医療・介護領域にとどまらず、スポーツ領域、予防領域、メンズ・ウィメンズヘルス領域、学校保健領域、産業領域、企業・研究領域へと拡大しています。
理学療法学科では、高い専門性を有する教員陣、県内5大学最大の教員数、学科独自のユニット制教育、関連病院施設の完全バックアップにより、学生個々の将来を切り拓きます。

取得可能な資格
理学療法士国家試験受験資格
  • 医療領域

  • 介護領域

  • スポーツ領域

  • 予防領域

  • メンズ・ウィメンズヘルス領域

  • 学校保健領域

  • 産業領域

  • 企業・研究領域

  • 医療領域

    病院やクリニックなど医療保険が適用となる施設において、様々な疾患により日常生活が困難となった人々の復帰を支援します。小児から高齢者を対象に、神経系疾患、運動器系疾患、呼吸循環器系疾患、代謝系疾患など幅広い疾患に対応しています。

  • 介護領域

    介護老健保健施設など介護保険が適用となる施設において、様々な疾患により日常生活が困難となった人々の生活を支援します。また、高齢者が人生の最期まで住み慣れた地域で自分らしい暮らしを送れるように支援します。

  • スポーツ領域

    外傷によりスポーツ活動が困難となった人々に対し、より良い状態でスポーツ復帰が可能となるよう支援します。また、スポーツの種目やレベルを問わず、スポーツ能力の向上やスポーツによる外傷や障がいの予防をはかります。

  • 予防領域

    人々がいつまでも健康でいられるように、メタボリックシンドローム、ロコモティブシンドローム、廃用症候群など、障がいを引き起こす恐れのある症候の発症や再発予防を支援します。

  • メンズ・ウィメンズヘルス領域

    男性・女性それぞれに特有の健康問題に対し、生物学的ならびに社会的に支援します。特に女性の妊娠・出産に伴う身体的な変化やトラブルのケアに関わる理学療法士が増えています。

  • 学校保健領域

    児童・生徒の発達過程における健康増進や障がい予防を支援します。また、特別支援学校教諭とともに障がいを持った児童・生徒の特別支援教育に関わる理学療法士も増えています。

  • 産業領域

    就労者の健康増進や、様々な職種における労働災害や職業病の予防、外傷や疾病により就労が困難となった人々の復職などを支援します。

  • 企業・研究領域

    企業や研究機関において、健康の維持・増進やリハビリテーションに活用できる機器やロボット、アプリなどの開発を支援します。行政と協力して大規模なデータを収集・分析する理学療法士も増えています。

専門職連携教育で、チーム医療の中で活躍できる人材へ

3学科共通の教育特徴はこちら